お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

広崎うらん



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

広崎 うらん(ひろさき うらん・4月19日 - )は、愛媛県松山市出身のコレオグラファー、演出家、女優。ダンスパフォーマンス「Revolution Dance Performance =通称“REVO”」主宰。

略歴

ダンスエキストラとして出演したダンス番組『DA DA LMD』で司会に抜擢。渡辺プロダクションにスカウトされ、バラエティタレントまた女優として、食と旅のリポーター、TVドラマ・舞台への出演、FMラジオのパーソナリティなどをつとめる。

1991年よりダンスパフォーマンス“REVO”を主宰。新国立小劇場を中心に、20年に渡りオリジナル作品を発表し、その構成・演出・振付・制作の全てを担う。「ドラマ性の高いヒューマニズム溢れるダンスパフォーマンス」がコンセプト。2008年からはより密接した空間でのタンツテアター“neorevo”公演を始める。

蜷川幸雄演出『ロミオとジュリエット』(1998年)への出演をきっかけに、振付師として蜷川幸雄の舞台に携わるようになる。「真情あふるる軽薄さ2001」(2001年)が演劇における振付師としての本格的な初仕事。振付・役者としての仕事のかたわら、55歳以上の団員による演劇集団「さいたまゴールド・シアター」(2005〜2011年)、トップコート主宰の俳優育成「アーティスト★アーティスト」(2003〜2013年)にて役者としてのムーブメントを指導。「レ・ミゼラブル」の演出家ジョン・ケアードのスタッフオーディションにより『ベガーズ・オペラ』の振付けに抜擢。以後、ジョン・ケアードの日本での作品の振付けを担当。その他、様々な演出家の作品に携わる。

演出家としてもコンサート、演劇、オペラなどの舞台を手がけ、2012年秋より文化庁新進芸術家海外派遣員として渡欧。2013年に帰国。所属事務所はトップコートを経てフリー。また2003年より、年齢・経験不問のダンスワークショップ「うらんのき」を開催している。

代表作

出演

  • 『熱帯夜“DADA L・M・D』(MC/1989年)
  • 『クイズ!地球まるかじり』(リポーター/1990年)
  • 『地球キャッチミー』(リポーター/1990年)
  • 『君のためにできること』(ドラマ出演/1992年)
  • 『広崎うらんの踊るマチュ・ピチュ』(FMラジオ DJ/1991〜1992年)

振付

蜷川幸雄演出
  • 『お気に召すまま』(彩の国さいたま芸術劇場/2004年)
  • 『オレステス』(シアターコクーン・他/2006年)
  • 『ムサシ』(彩の国さいたま芸術劇場/2009年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。