お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

武田久美子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

武田 久美子(たけだ くみこ、1968年8月12日 - )は日本の女優、元アイドルである。原プランニング→ホリプロ→フィットワン→株式会社スクロールを経て株式会社グローバルプロモーション所属。

人物

両親とも静岡県の出身。母親の実家がある静岡県で生まれる。2歳半のとき、東京都中野区に引っ越す。中野の若宮幼稚園卒園後、一家は、東京都北区田端にマイホームを建てて引っ越す。北区立滝野川第四小学校、堀越中学校(現在は廃校)を経て堀越高等学校卒業。

小学4年生のときに、弟とともにウナコーワのテレビCMに出演。弟は乳児からベビー用品のテレビCMに出演しており、自身も子どもの時から目立ちたがり屋で、いつかはタレント活動をしたいと考えていた。中学生時代の1981年11月23日、雑誌で見た「東京大学アイドルプロデュース研究会」が主催する東大駒場祭「第2回東大生が選ぶアイドルコンテスト'81」に自身で応募し、総数1263人の中、優勝、「東大生が選んだアイドル」として話題になる。これが縁でスカウトされる。 直後に石井聰亙監督の34分の短編映画『シャッフル』にヒロインとして映画初出演(公開は1983年秋)。

1982年、映画『ハイティーン・ブギ』にヒロイン役で出演した。その劇中で主演の近藤真彦とのキスシーンがあったことが原因で、近藤の熱狂的なファンから様々な嫌がらせを受け、一時は芸能活動そのものに支障をきたすほどの事態となった。

1983年に「噂になってもいい」で歌手デビュー。ドラマ・映画に多数出演する。1990年代からは主にグラビアや写真集で大胆なヌードを発表し、人気を博す。1999年にアメリカ人と結婚。カリフォルニア州サンディエゴへに移住。一女の母である。2016年1月11日、離婚が成立。

エピソード

  • アイドルとしてデビューする前の堀越学園中等部時代、男子アイドルグループ「ビッグ・マンモス」のメンバーであり水難事故のため14歳で死去した山崎圭一と交際していたことを2005年の著書「くみこの掟」にて語っている。
  • 20代の頃は喫煙者であったが、出産後は非喫煙者となっている。
  • 夫の仕事の都合でニューヨークに住んでいた40歳の時、おへそにピアスを開けており、ブログや著書ではへそピアスを着けたおへそを披露している。
  • 1989年にリリースした写真集『My Dear Stephanie』において、ホタテガイの貝殻を水着に見立てた“貝殻ビキニ”が話題となり、以降、武田を語る時のエピソードのひとつとして取り上げられることが多い。このことが縁となり、2014年に北海道紋別市のホタテキャンペーンガールに就任した。

書籍

写真集

  • TOUCH ME KUMIKO(1983年、近代映画社)
  • パステルファンタジー(1983年、サンリオ)
  • 別冊スコラ・武田久美子(1984年、スコラ、撮影・大森雄作)
  • 想いどおり(1986年、ワニブックス、撮影・清水清太郎)
  • JUST A GIRL(1987年、ワニブックス、撮影・清水清太郎) - それまでのアイドル路線から大きく路線変更。笹でできたふんどしを着用したポスターが話題となった。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。